両親へのベストな「還暦祝い」プレゼントって?日々の感謝をジュエリーに込めよう

いつまでも元気でいて欲しいと思うご両親が、還暦を迎えることになったら…何を贈ったらいいか、どのようなお祝いをすればいいのか、迷ってしまいますよね。今回は、還暦祝いのマナーや歴史、近年人気の還暦祝いにふさわしいプレゼントについて解説いたします!

「還暦」の意味とは?

還暦の慣習は、もともと中国(明)で始まりました。日本には、中国との貿易が盛んになった奈良時代に伝わり、当時は貴族階級など一部の人間にしか行っていなかったようです。その後、室町時代〜江戸時代へ移り変わる頃には、一般階級にも思想が広まっていきました。

なぜ60歳のタイミングでお祝いするのかというと、これには日本の「干支」が深く関係しています。干支は本来、十干十二支という言葉で、十二支と十干が組み合わさって構成されます。その組み合わせは60通りあり、この60種が一巡するタイミングでまた「生まれた時の暦に還る」「赤ちゃんに還る」という意味となり、還暦という言葉になりました。

ちなみに赤いちゃんちゃんこを贈る風習は、赤が魔除けの色とされてきたことと、ちゃんちゃんこが赤ちゃんの産着だったことから始まっています。60歳になったタイミングで赤いちゃんちゃんこを着ることで、今後の健康やさらなる長寿を願うという意味が込められています。

「還暦祝い」のTPO

還暦祝いを行うタイミングは、本来であれば数え年で61歳を迎える元旦〜節分の期間が一般的です。しかし最近では、満60歳を迎える誕生日に行う場合も増えています。また、招待する人数などにもよって、適切なタイミングは異なります。

ご家族のみで行う場合は、スケジュール調整がしやすく、いつでも行うことができるでしょうが、親族も交えて行う場合などは正月の方が集まりやすいと言えます。また、外部の方も招待して盛大に行うという場合は、長期休暇の期間を避けて開催した方がいいでしょう。

以前は本人や家族が主催者となり、お世話になった方を招待するのが一般的だった還暦祝いですが、現在は子供や配偶者が主催者となり、食事会を開く場合が多いです。もし職場の方をお祝いする場合は、部下や同僚が中心となり、会費制のお祝いが開かれることもあります。

せっかく還暦祝いを行うなら、普段は行けないような高級なレストランで食事をしたいと思う方も多いですよね。そのような店には個室があることが多いため、小さなお子様連れでも食事がしやすくなっています。また、還暦祝いのメニューがあったり、赤いちゃんちゃんこの用意があるなど、専用のサービスを受けられる場合もあります。

両親におすすめの「還暦祝い」3選!

フォトスタンド

ご家族で撮った思い出の写真を飾ることのできるフォトフレームやフォトスタンドは、人気アイテムの一つです。還暦祝いの写真を入れてもいいですね。ご両親へのプレゼントなら、飾る場所のインテリアに合ったものをチョイスできます。

フラワーギフト

近年では、花束の他にも、プリザーブドフラワーやハーバリウムといったお花ギフトが充実しています。空間に華やかさをもたらすことができるので、お祝いの席にはできるだけ持参するといいでしょう。

旅行、ビデオレター

ゆったりと観光を楽しみ、美味しいご飯を頂ける旅行チケットのプレゼントも、人気があります。またご家族やご親戚の方一同で、メッセージを込めたビデオレターを作成してもいいでしょう。

ジュエリーが演出する特別感

上述したプレゼントの他に、特に女性人気が高いのはジュエリーです。普段ご自身ではなかなか買うことのできないブランド品や、ダイヤモンドジュエリーをプレゼントすることで、60歳という節目をゴージャスに迎えることができ、また日頃の感謝をしっかりと伝えることができるのではないでしょうか。ネックレスやリングはいつも身に着けることができるため、今後の生活がますます潤いを増していくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、還暦の概要と、両親へおすすめの還暦祝いのプレゼントについて解説しました。ぜひ皆さんも、この記事を参考に思い出に残る還暦祝いをしてくださいね!

1ctネックレス