50代女性におすすめのネックレスは?結婚記念日のプレゼントを解説!

アクセサリーと言えば、女性の魅力を引き立てるアイテムの一つですよね。もし、そんな大切なアクセサリーを特別な日にプレゼントされたら…贈り主へのイメージアップは間違いありません。今回は、50代女性向けの結婚記念日のネックレス選びについて解説します!

女性にとって50代とは?

女性にとって50代とは、どのようなライフステージなのでしょうか?厚生労働省の発表によりますと、平成28年の「人口動態統計」において、日本人女性の初婚年齢の平均は29.4歳、また第一子の出産年齢の平均は30.7歳という結果になったそうです。これは、50代の日本人女性であれば、お子様がすでにかなり大きく、大学生以上の割合が高い傾向にあることが読み取れます。そのため、自分自身に使える時間とお金が増える場合が多いです。

子育てと仕事に一生懸命で、自分のことは二の次…誰もが共感できるような必死な時期を抜け出し、「第二の人生」について考え始める方が多いのが、この年代です。これからは自分に焦点を当てて、良い意味で自分主体の、健康的な生活を贈りたいと願っています。

50代女性には、オシャレへの関心が再び高まったり、夫婦生活を見直す方も多いようです。そんな50代女性を応援するような、とびっきりのジュエリーを贈ることは、最高のプレゼントとなります。中でもネックレスは、普段使いしやすくおすすめのアイテムです。

結婚記念日×ジュエリー

50代女性には、結婚生活が15年目以上、中には30年目を迎えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。以下に、15年目以降の結婚記念日の名称と由来をまとめました。
15年目「水晶婚式」…無色透明な水晶のように曇りの無い、二人の信頼関係を指しています。

20年目「磁器婚式」…夫婦の絆がまるで磁器のように固く結ばれている、という意味です。

25年目「銀婚式」…まるで「いぶし銀」のように奥深く美しい、二人の結婚生活を意味しています。

30年目「真珠婚式」…「真珠」のようにゆっくりと育まれた二人の関係を意味しています。

35年目「珊瑚婚式」…これからも長い年月をかけて、信頼関係を築いていく、という意味です。

40年目「ルビー婚」…40年連れ添った夫婦の絆を、ルビーの引き込まれるような深紅色に例えています。

45年目「サファイヤ婚」…二人の結婚生活を、誠実・高潔などの意味を持つサファイヤで表しています。

50年目「金婚式」…50年という二人の歴史を、金色に輝く豊かな夫婦関係の象徴としています。

55年目「エメラルド婚式」…まるでエメラルドのように深く、静かで尊い二人の結婚生活を指しています。

60年目「ダイヤモンド婚式」…世界で一番硬い材質であるダイヤモンドのような、二人の固い絆を表しています。

75年目「プラチナ婚式」…まるでプラチナのように光り輝く、奇跡のような最高の幸福を祝う結婚記念日、という意味です。
このように、結婚記念日には宝石(ジュエリー)の存在が欠かせません。そのため、節目の結婚記念日には、それぞれにちなんだ宝石をあしらったジュエリーを贈るのが一般的です。

50代向け・ネックレスの選び方

50代の女性には、上品な輝きのプラチナを使ったものや、ダイヤモンドをあしらったタイプが人気です。フォーマルな場に出席することも増えてくる50代の女性にとって、お呼ばれにふさわしいネックレスが一つあると重宝します。華奢なタイプや一粒ダイヤなど、シンプルなデザインのネックレスは、オンオフ問わず使えて便利です。また、シンプルかつ大きめなトップのネックレスには、くすみがちな顔を明るく見せてくれる効果が期待できます。

まとめ

いかがでしたか?今回は50代女性に向けたネックレス選びについてお伝えしました。ぜひ皆さんも、この記事を参考に、大切な方へ最適なネックレスをプレゼントしてください!