「赤い」プレゼントが還暦祝いにベスト?理由とおすすめプレゼント3選

ご両親や職場の方が還暦を迎える時には、何を贈ったらいいんだろう…そんな風に思っている方は、多いのではないでしょうか。赤いちゃんちゃんこが昔から定番なのは、何故なのでしょうか?今回は、その理由と、還暦祝いにふさわしいプレゼント3選をご紹介します!

「還暦」の意味とは

それではまず、還暦とは何かということをお伝えします。還暦とは、簡単に言いますと日本に古来からある暦をもとに、60歳を一区切りとして長命を願うイベントのことです。 皆さんがよくご存じの十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)に十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)を組み合わせたものが「干支」であり、その組み合わせは全部で60通りです。つまり、自分の干支とは本来、「丙未」「丁午」などのように、それぞれが組み合わさったものとして表されるということです。 そして、この60通りが一巡するタイミングで、また自分の生まれ年の干支がやってきます。この生まれた時と同じ暦に戻るという意味から、「還暦」と呼ばれているのです。

「赤いちゃんちゃんこ」が定番のワケ

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを贈る理由には、二つあります。一つは、赤が「魔除けの色」とされてきたこと、もう一つはちゃんちゃんこが赤ちゃんの産着だったことです。 還暦祝いの風習は、もともと室町時代に中国(明)との貿易が盛んになった室町時代に、日本に持ち込まれたとされています。その当時は医学が発達しておらず、衛生環境や栄養状況などもあまりよくなかったため、新生児の死亡率はかなり高い状態でした。そのため、赤ちゃんが生まれると「魔除けの色」とされていた赤いちゃんちゃんこを着せ、無事に育つようにと祈る習慣が定着していました。 そして、還暦を迎える=赤ちゃんに還るという意味合いから、60歳になった人がいつまでも元気で長生きするようにと願いを込めて、赤いちゃんちゃんこが贈られるようになりました。 この習慣が現代にまで伝承され、還暦祝いのプレゼントといえば赤いちゃんちゃんこ、というイメージが浸透したのです。しかし、近年ではプレゼントにも多様性が出てきました。

「還暦祝い」のトレンドは?

今や、日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超えています。そんな現代における60歳はまだまだ現役の方も多く、ひと昔前とは様相が異なります。よって、現代では長寿をお祝いするというよりも、人生の区切りをお祝いするという傾向が強くなっており、赤いちゃんちゃんこの代わりに、赤いシャツやネクタイ、スカーフといった赤色で身に着けられるものを贈る場合が増えています。 おすすめの「還暦祝い」3選! ここでは現代の60歳に喜ばれる、おすすめの還暦祝いのプレゼントを3つご紹介します!

漆器

これから人生の円熟期を迎える方に、シックな朱色の漆器をプレゼントしてみては?日本の伝統工芸である漆器ですが、自分ではなかなか買う機会が無いという方も多いはず。普段使いの食器としてはもちろん、飾って華やかな空間を演出してもいいですね。

ジュエリー

ルビーやガーネットなど、赤い宝石を使ったジュエリーを贈るのも、おすすめの還暦祝いの一つです。ネックレスやリングなら、普段から身に着けられるため、贈られた側の満足度もアップするでしょう。より特別感を演出するには、ダイヤモンドジュエリーも◎。

旅行、ビデオレター

還暦祝いのプレゼントは、形に残るものとは限りません。これまで一生懸命働いてきたご両親に、骨休めとなるような旅行チケットを渡したり、ご兄弟やご親戚で協力して、メッセージビデオレターを贈ってもいいですね。何にも替え難いプレゼントになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「還暦祝い」の赤いちゃんちゃんこの由来や、おすすめのプレゼントを紹介しました。ぜひ皆さんもこの記事を参考に、プレゼントを選んでみてください!

1ctネックレス