お子様の卒業式で注意すべきアクセサリーマナーについて

そろそろお子様の卒業式・入学式シーズンが近くなっていますし、式に何を着ていこうかと頭を悩ませているお母様も多いのではないでしょうか?卒業式や入学式は、お子様が新しい一歩を踏み出すための大切な式典ですので、ふさわしい服装とはどのような物だろう…と気になる人が多いと思います。 特に難しいのは、服装に合ったアクセサリーを選ぶことで、「コサージュは必要?」「ネックレスはパールが普通?」「ピアス・イヤリングはつけていい物なの?」など、疑問や心配事が次々に思い浮かぶという人が多いと言われています。そこで今回は、お子様の卒業式や入学式にふさわしいアクセサリーについて考えてみたいと思います。

卒業式や入学式のアクセサリーの注意点

卒業式・入学式は、お子様の節目を祝う式典となりますので、基本的にはスーツなどに合うフォーマルで派手すぎないアイテムを選ぶのがコツです。また、式典が昼間に行われるものですので、過度な光物を身に着けてしまうと、反射がありますので避けた方が良いです。 オススメのアクセサリーとしては、やはりパールをあしらったものが良いとされ、主役であるお子様よりも目立つ…なんてことは絶対にないようにしなければいけません。なお、お子様の門出を祝う式典となりますので、「派手すぎる」ものはダメですが、なるべく明るめの色のスーツを選ぶのが良いとされます。ちなみに濃いめのスーツを選ぶ場合には、コサージュやスカーフで春らしい色物を取り入れると良いでしょう。

卒・入学式の定番はコサージュ?

卒業式や入学式のアクセサリーとしては、コサージュが定番というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?これは、胸に花を飾るということが「お祝いの気持ちを表す」という意味があるからだと言われています。 しかし、式典にまだ小さな兄弟を抱っこして連れていく場合には、コサージュを引っ張られて壊してしまう…などの心配があります。そうはいっても、「何もつけていないと、少し寂しい…」と感じる人も多いと思いますが、こういった場合には、コサージュの代わりにブローチやネックレスを身に着け、華やかさを演出するのがオススメです。卒業式や入学式は、お子様が主役なのは間違いありませんが、お子様の成長を感じられる特別な日ですので、お母様も華やかに着飾るのが良いと思います。 なお、卒業式や入学式のネックレスと言えば、パールが最も定番になるのですが、一粒タイプの上品なダイヤモンドネックレスはOKです。コーディネート的には、コサージュアリなら一連の短めのパールネックレスやシンプルな一粒ダイヤがちょうどよい上品さが出ると思います。コサージュを付けない場合は、少し長めのパールネックレスを選び2連や3連にすると華やかに見えますよ。

コサージュが苦手…という人はブローチがオススメ

お花のコサージュなどは、つけるのがちょっと恥ずかしくて苦手…という人も多いようですね。そういった方にお勧めなのが、ジャケットの襟などに着けられるブローチです。ブローチにもいろいろな種類があり、ジャケットやフォーマルワンピースと相性がいいものもたくさんありますので、こういった式典用に何個か用意しておくのも良いのではないでしょうか? ゴールド・シルバーのブローチはもちろん、ほのかなツヤのある刺繍のブローチなどは、カジュアルになりすぎず、ちょうどよい上品さがありますので、お子様の式典に身に着けるには最適なアイテムだと思いますよ。なお、ブローチを使う場合には、コサージュよりも少し控えめになるため、少し存在感のあるネックレスを選ぶのがオススメです。

ピアスやイヤリングはシンプルな物がオススメ

卒業式や入学式のような式典では、髪をアップスタイルにする方が多いですね。その為、顔を華やかに見せてくれるピアスやイヤリングはつけておきたいと誰もが考えるのではないでしょうか。ただし、こういったフォーマルな式典に出席する場合、あまり派手になりすぎないように、耳たぶに沿う一粒タイプのシンプルな物がオススメです。なお、ネックレスなどの素材と合わせておくとまとまりもよくなると思いますよ。

まとめ

今回は、お子様の門出となる卒業式に注意したいお母様のジュエリーマナーについてご紹介してきました。もちろん、お子様の門出を祝う気持ちさえあれば服装に関する明確な決まりなどはないのですが、「お子様が主役」と考えると、いくつか注意しなければならないポイントがあるとわかるでしょう。 お子様の卒業式では、必要以上に親が目立たないよう、シンプルで上品なものを身につけるのがオススメです。

1ctネックレス